入籍・結婚後に行う手続きとは?<婚姻届受理証明書について>

MENU

入籍・結婚後に行う手続きとは?

晴れて結婚、入籍したらそこでやっと落ち着けると思われる事があると思いますが、まだ落ち着くには少し早いです。
結婚後はいくつかしておきたい事があります。結婚後にするべき事を紹介していきます。

結婚後にするべき手続き

結婚後は、いくつかしておきたい手続き、および各種届出があります。

転居届や転入届

まずは転居届や転入届を、引越しを行った後に役所に届ける必要があり、認印をおします。
同じ市内での引越しの場合は転居届が必要で、他市へ引越しをする場合には今の住まいの役所に転出届を提出し、引越し先の地域の役所に転入届を提出します。

 

また、入籍してから実印を登録したい場合には、これらの手続きをする際に済ませると円滑に進みます。

名義変更や住所変更等

次に、運転免許証の名義変更や住所変更を済ませておきましょう。
さらに、自動車登録やパスポートの手続きも済ませる必要があります。

 

加えて大切な手続きは、金融機関に講座の名義が変わる事と、銀行印が変わる手続きをしに行きましょう。
クレジットカードや携帯電話など、旧姓で登録しているものは全て、手続きをしていくのが大切です。

印鑑を新しくする

印鑑

男性の場合、苗字が変わらないので手続きをする必要性はほとんどありませんが、女性は印鑑を新しくする必要が出てきます。

 

実印、銀行印、認印など、印鑑といっても様々ですが、これらを新しくします。
特に、実印や銀行印は、印鑑登録用であるのと、金融機関に使用している印鑑でもありますので、今後の生活のために必ず行っておかなければなりません。

 

様々な手続きをする際には、旧姓ではなく、新姓の印鑑で登録していく必要があります。
そのため、結婚後はまず印鑑を新しくしておく方が、各種手続きをスムーズに行えるため、便利と言えるでしょう。

おすすめの印鑑

大きく分けると「実印」「銀行印」「認印」の3つが必要になります。
苗字が変わると、金融機関や携帯電話など、手続きが必要な事が増えていきますので、これらの印鑑は欠かせません。

 

女性におすすめのサイズとしては実印が13.5mm、銀行印が12mm、認印が10.5mmといったのが良いでしょう。
女性の場合、彫り方は実印と銀行印は名前のみの横書きが望ましく、認印は苗字のみの縦書きで良いと言えるでしょう。

おすすめの印鑑通販サイト

結婚後に新しい印鑑を用意する時、通販サイトの「ハンコヤドットコム」がおすすめです。
サイトのトップページは種類別に分かれていたり、セットで購入できたりするなど、見やすく使いやすい仕様になっています。

 

また、女性向けのデザインも豊富です。
印鑑以外の商品も豊富で、速くて安い、安心して印鑑を注文出来る通販サイトと言えるでしょう。

 

籍を入れる前は、結婚後の暮らし、仕事、挙式の事などでバタバタする事がありますが、実は結婚後もある程度、面倒に思われる手続きや準備があります。
これは避けて通れない事でもありますので、一つ一つ確実に終わらせていきましょう。

婚姻届受理証明書とは?必要になるタイミングと発行方法

婚姻届を提出して無事、籍を入れる事が出来た後、実際に婚姻が反映されるまでの数日間のためではありますが、必要な場合は婚姻届受理証明書というものをもらう事が出来ます。
これは一体なんなのか、詳しい情報を紹介していきます。

婚姻届受理証明書とは?

婚姻届受理証明書は、婚姻届を提出した時、受理した証拠になる公文書の事を言います。

 

通常、婚姻届が役所で受理された時点で夫婦になるのですが、実際に新規の戸籍が作られ、戸籍謄本に反映されるまでには時間がかかってしまいます。
戸籍謄本で結婚した証明を行う事は出来るものの、戸籍謄本が完成していない場合、最新の情報を証明出来ません。

 

もし、新規の戸籍が完成するまでの期間に婚約届が受理された証拠が必要な場合に、婚姻届受理証明書が役立ちます。

どんな時に証明書が必要?

婚姻届受理証明書が必要になる場面はまず、住民票へ記載する時です。

 

住民票がある役所に行き、婚姻届受理証明書を提出すると、新姓で取得し、名義変更を行えます。
住所が夫婦で同様の場合には問題ありませんが、新居が別になるケースは、転出や転入の手続きを行う必要があります。

 

別のケースとしては、会社に届出を行う際に必要です。
結婚後は夫の扶養家族になる事がありますが、その場合、会社で早めに手続きをする必要がある場合があります。
そうした場合、婚姻届受理証明書を用意しておくと手続きがスムーズです。

婚姻届受理証明書の発行方法

婚姻届受理証明書を取得できるのは、婚姻届を提出した市区町村の役所です。
婚姻届を提出して受理してもらえたと同時に取得する事が可能です。

 

書類に不備がなかった時に限りますが、婚姻届受理証明書が欲しいという旨を伝えると、その場で、1通350円で発行してもらえます。

 

あまり婚姻届受理証明書は馴染みのない書類と思われますが、場合によっては必要となる大切なものです。
手続きの際には欠かせない書類となりますので、必要な場合にはしっかり婚姻届受理証明書を発行してもらいましょう。