結婚記念日は入籍日と挙式日どっち?決め方とおすすめプレゼント

MENU

結婚記念日は入籍日と挙式日どっち?決め方と数え方

結婚される方は、結婚式と入籍日のどちらが結婚記念日になるのか、ほかにも結婚記念日の決め方や数え方が分からないという事があると思います。
知っていると記念日を把握したり、選んだりする時に良いので、詳細を紹介していきます。

結婚記念日は入籍日?挙式日?

結婚

結婚記念日が入籍日か挙式日か分からないと思われる事は多いです
。正式には戸籍に残る婚姻届を出した日、つまり入籍日が結婚記念日として考えられる事が多いです。

 

しかし、中には挙式日を結婚記念日として考えられる事もあります。
その理由として、大勢に祝福してもらったり、思い出に残る1日だったからだったりする事が多いでしょう。

 

どちらとも取れる事ですが、正式には入籍日が結婚記念日となるので、二人で真剣に考えると良いかもしれません。

結婚記念日の決め方について

結婚記念日の決め方は人それぞれですが、考え方をいくつか例にあげます。
例えば、入籍日を忘れないため、覚えやすい日にするという事があります。
ぞろ目の日にしたり、二人が付き合った記念日に被せたりするという事があります。

 

また、縁起の良い日として大安を選んだり、恋人の日としてクリスマスイブや七夕などのイベントに入籍したりするという事もあります。
お互いにこだわりがないという場合には、気にせず入籍するというのも良いでしょう。

結婚記念日の数え方

結婚記念日は、ある程度年数が経過すると指折り数える事があります。
記念日は一般的に1年ごとに数えられ、入籍してから丸一年後の同じ日付の時が1周年となります。

 

結婚してから経過した年数によって呼び方が変わり、例えば25周年は「銀婚式」で50周年は「金婚式」と言われるのは馴染みがあると思います。
1周年ごとに数え、お互いにお祝いをしてみてはいかがでしょう。

 

当たり前のように思っていても、実は挙式日と入籍日のどちらが結婚記念日なのか、どうやって結婚記念日を決めたり数えたりするのか分からなかったという人もいたと思います。
これらの情報を参考にして、結婚記念日を祝ってみてはいかがでしょう。

結婚記念日に贈り物するなら?おすすめプレゼント

結婚記念日になると、お互いにプレゼントを用意して、お祝いをする事は少なくありません。
そこで、どういった物を用意すれば良いのか分からないという事があると思います、結婚記念日におすすめのプレゼントを3つ、紹介します。

定番のプレゼント「お花」

結婚記念日に定番のプレゼントといえば「お花」があげられるでしょう。
花束を用意し、メッセージカードを合わせて贈るというのも良いです。
結婚記念日に贈る花としておすすめなのは「バラの花束」や「挙式に使った思い出の花」などが良いでしょう。

 

また、ボックスに花が入っているブックスフラワーも人気があります。
お花のプレゼントは特に、男性から女性に贈られるものとして多いです。

旅行のプレゼント

結婚記念日には、旅行のプレゼントをするというのも人気です。

 

夫婦水入らずで温泉旅行に行ったり、有名な観光地、テーマパークだったりするのも多いです。
記念日には休みを取り、旅館に宿泊して楽しまれるという事もあるほどに、多くの夫婦が旅行をプレゼントにしている事があります。

 

また、サプライズで旅行に連れていくという事もあるようです。

レストランのディナー

結婚記念日のお祝いに、高級レストランでディナーを予約し、楽しまれる事があります。
シチュエーションは様々で、料理の美味しいお店にする事もあれば、海や夜景が楽しめるレストラン、ディナークルーズを利用されるという事もあります。

 

1年に1回しかない特別な日だからこそ、夫婦で奮発して高級な料理を満喫される事が多いでしょう。
食事に合わせて、こだわりのワインをメッセージ入りで用意し、プレゼントするという事も少なくありません。

 

定番でもあり、おすすめな結婚記念日向けのプレゼントをいくつか紹介しました。
未だに何にするか決まっていないという方もいるでしょうが、せっかくの記念日には相手に喜んでもらえるようなものを用意したいものです。
自分なりのアレンジを出したプレゼントも良いですし、何か魅力的な贈り物を見つけてみてはいかがでしょう。